受付の流れ

初診の方

  1. 保険証や医療証をご提示のうえ、初診の旨をお伝えください。
  2. 問診票をご記入ください。

 ※小学生以下の患者様は高校生以上のご家族の同伴が必要になります。

再診の方

  1. 診察券と、月が変わって最初の来院日には保険証をご提示ください。
  2. 来院がお久しぶりの場合や別の症状でおかかりの場合は、問診票の記入をお願いします

 ※小学生以下の患者様は高校生以上のご家族の同伴が必要になります。
 ※保険証や医療証に変更があった場合は、お手数ですがその都度受付にてお申し出ください。

外出について

外出を希望される場合は必ず受付にお声掛けください。
受付番号と注意事項を書いた外出カードをお渡しします。
お戻りの際は受付にお声掛けいただき外出カードをご提示ください。
受付番号の順番を過ぎている場合は、戻り次第優先的にご案内します。

※外出が可能な時間帯は受付終了時刻までです。お時間を過ぎてしまった場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。

診療科目

さくら皮フ科クリニックではさまざまな皮膚疾患やアレルギーに対する治療を行っています。
異変に気づいたらまずはご相談ください。

湿疹・皮膚炎

アトピー性皮膚炎:症状と上手く付き合い、黒ずみやカサカサなどを悪化させないことが大切です。
じんましん:日常よく見かける病気です。薬や食べもの他、ストレスも原因となります。
その他:たこ(胼胝)、うおのめ(鶏眼)、脂漏性湿疹、手湿疹、あせも虫刺され、かぶれ、など

感染症

にきび:顔や背中・胸部に発症します。部位に合わせた塗り薬を処方し、スキンケアの指導も行います。
とびひ:細菌による感染症で火事が飛び火するように広がります。抗生物質を用いた治療が中心です。
水虫・カンジダ症:カビの一種による感染症です。爪水虫の方には外用薬を処方しております。

ウイルス感染症

帯状疱疹:痛みを伴います。抵抗力が落ちると眠っていた水ぼうそうウイルスが再発して発症します。
いぼ(尋常性疣贅):数が増えてしまう前に早めに治療することが大切です。液体窒素療法が効果的です。小学生以下の患者様には高校生以上のご家族様の同伴が必要になります。
水いぼ(伝染性軟属腫):潰したり引っ掻いたりすることで、水疱に含まれるウイルスの感染が広がります。
その他:水ぼうそう、口唇ヘルペスなど

脱毛症

脱毛症状の原因は様々で難治性の場合もあります。
男性型の場合は飲み薬(健康保険適応外)による治療も可能です。

※AGA治療薬は20歳以上が対象です。

アレルギー検査

食物・植物・動物・ハウスダスト等に対する検査が可能です。
アレルギー要因を特定することで、シーズン前からの花粉症治療に役立てることもできます。

※18歳以下の患者さまは保護者の方(または成人されたご兄弟などのご親族)とご来院をお願いしております。

※当院の血液検査は小学校中学年以上を対象とさせていただきます。

小さなお子様で血液検査ができない場合には小児科へご案内することもございます。

秋の花粉症について詳しく見る
アレルギー検査について詳しく見る

現在皮膚疾患のお子さまをお持ちの
保護者の方向けQ&Aブック


皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。
「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-3938-1166まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療   診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後14:45~)
※祝日休診  ※電話予約不可


ニキビ一緒に治そうProject