水いぼ①

これからの季節に流行しやすい皮膚疾患として、「水いぼ」があります。

水いぼとは・・・?

・軟属腫ウィルスによる感染症で、ぷっくりした小さな「いぼ」ができる病気です。

幼児~小学校低学年の子供に多く発症し、症状は無症状もしくはかゆみを

伴うことがあります。

3

・感染経路は接触感染で、水いぼに直接触ると

 感染します。直接触れなくても、プールの

 ビート板やタオルなどを介して感染すること

 もあります。水を介して感染することはありません。

 ウィルスに対する免疫ができるまでは、感染する可能性が

 あります。

・水いぼがあるうちは、ひっかいて体に広がることもあります。

 掻き壊してばい菌ががついて化膿することもあります。

・治療方法としては①抗体ができるまで待つ②ピンセットでの摘除

 ③窒素凍結療法などがあります。

 当院では②ピンセットでの摘除を主にしています。

 さらに痛み軽減のため麻酔テープを使用しての摘除をお勧めしています。

 お子様の体に「ぷっくりした白いいぼのようなものがある」など気になる症状が

 ありましたら是非受診なさってください。


皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。
「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-3938-1166まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療   診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後14:45~)
※祝日休診