アレルギー検査 してみませんか?

季節も秋に移り変わり、花粉症で悩まれている方も多いかと思います。

また今まで症状がなかった方も急に眼が痒くなる、くしゃみが止まらないなどアレルギー症状が出てくることもあります。

 

【🌲なぜアレルギーになるの?🌲】

アレルギーとは、花粉などもともと体に無害なものが体内に入り、有害なものと判断してしまい過剰な免疫反応が起こり、くしゃみや鼻水、眼の痒みや蕁麻疹などの症状が出てくるものです。

花粉以外にも食物やハウスダスト、犬や猫などの動物に対してもアレルギー反応が出ることもあります。

アレルギーは今まで症状がなくても、突然発症することもあります。

また症状が強くなると粘膜症状(口の中がただれる、呼吸困難になる)なども出ることがあり、注意が必要です。

花粉2無題3花粉
【🌲アレルギーが出てしまったらどうしたらいいの?🌲】

症状が出た際に食べたものや触れたもの、花粉などを特定することが必要です。

当院ではアレルゲン(アレルギーの原因物質)を特定する為の血液検査を実施しております。

花粉症に対しては抗アレルギー剤の内服や、外出時にマスク・メガネを着用するなども効果的です。

食物やハウスダストなどは特定したアレルゲンはできるだけ取り除くことも必要です。

kafun_tachimuka_woman kusuri_nomu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【🌲アレルギー検査について🌲】

当院では採血によるアレルギー検査を実施しております。(小学校高学年以上の方が対象となります)

アレルギーの原因となった花粉や食べ物などの項目を指定して採血を実施します。

採血結果が出るのは約1週間後となります。

 

項目の指定方法は2種類あります。

①アレルゲンがある程度判明している場合

・春や秋など花粉が飛散する時期に花粉症の症状が出る

・特定の食べ物を食べたときに蕁麻疹が出る

・犬や猫に触れたときに体が痒くなる、くしゃみが止まらない

以上のようにアレルギーの原因になるものがある程度判明している場合は、1項目からご自身で指定して検査することが出来ます。

保険でお調べできるのは1ヶ月で13項目までとなりますので、14項目以上となる場合は翌月も採血を実施する必要があります。

金額目安としては1項目2000円から(診察料を含む)、1項目ごとに+330円となります。(13項目で約6000円)

 

②アレルゲンが特定できない場合

・花粉(スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ)

・特定原材料7品目(卵白、牛乳、小麦、エビ、カニ、ピーナッツ、ソバ)

以上のようなものに加え、日本人に多いアレルゲン項目がセットになっている検査もございます。

金額目安は約6000円となります。(診察料含む)

kenkoushindan_saiketsu

 

 

 

 

 

 

当院でのアレルギー検査ご希望の方はお気軽にお問合せ、ご来院ください😃

 


皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。
「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-3938-1166まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療   診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後14:45~)
※祝日休診  ※電話予約不可


ニキビ一緒に治そうProject