足の爪正しく切っていますか❓

みなさん足の爪はどのように整えていますか🌝❓

tsumekiriirasuto

 

 

実はたかが爪切りと思うかと思いますが爪の切り方には正しい整え方があります❕

誤った整え方を繰り返していると簡単には治らないトラブルを招いてしまうこともあります😲

 

爪が長すぎると、靴などに圧迫されて、痛みや爪の変形が生じやすくなるのはもちろんですが、短すぎることでトラブルが生じることがあります。

nagaitume

↑長すぎる爪

 

爪が短すぎると、先端の皮膚が隆起し(盛り上がるイメージ)、そうなることで爪の伸長が妨げられ、変形し爪が巻いていってしまい、巻き爪になってしまいます。

 

mijikaitume

↑短すぎる爪 

 

またまた靴下を履くときなどに爪の角が引っかかるからと言って爪の角を切り落としてしまいますと、爪が皮膚に食い込んで、炎症や痛みが生じやすくなります。

 

makitume

↑角を切り落としてしまっている爪

 

またその炎症が長期間続くと出血しやすいに肉芽組織が生じてしまうことがあり、この肉芽組織から汁が出て、その汁によって周囲の皮膚がただれ、さらに爪が柔らかくなり変形が起こり、食い込んでしまいます。

 

肉芽が出来てしまいますと手術や液体窒素等の治療が必要になり、簡単に治らず、治療に時間がかかってしまいます。

また肉芽まではいかなくても、巻き爪がひどくなりすぎると手術をしないと改善しない場合もあります😧

 

 

このようなトラブルが起こる前に正しい爪の切り方を意識することでトラブルを予防することが出来ます💁‍♀️

 

🌟爪のトラブルを避けるための正しい切り方

できるだけ入浴後など爪が軟らかい時に切りましょう

爪が割れないように端から少しずつ切りましょう

爪の先端が四角い形になるように切りましょう

爪の先端が親指と同じ長さになるように切りましょう

爪の両角を短く切り落とさないように注意しましょう

爪

当院では正しい、爪の切り方をご提案し、また爪切りの処置も行っていますので、爪が硬くて切りにくい・爪を切る体勢をとるのがむずかしくてなかなか切れない等爪のケアにお困りな方どなたでもご気軽にご相談ください😊

また手の爪が切りにくいという方は手の爪の爪切りの処置も行っています👩‍⚕️

 

 

 

 

 

 

 

 


皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。
「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-3938-1166まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療   診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後14:45~)
※祝日休診  ※電話予約不可


ニキビ一緒に治そうProject