口唇ヘルペスについて

こんにちは❕

いよいよ今年も残すところ1か月となりましたね🎵

今回は口唇ヘルペスについてご説明いたします。

 

口唇ヘルペスとは

単純ヘルペスウィルスに感染し、皮膚に小さな水ぶくれが集まって炎症を起こしている状態のことを言います。

口唇ヘルペスは主に単純ヘルペス1型が関与しています。

単純ヘルペスウィルスに一度感染すると、一生涯身体の中に潜伏し続けると考えられており、風邪やストレスなどの刺激をきっかけとしてウィルスが再活性化すると、繰り返し口唇ヘルペスの症状を引き起こします。

口唇ヘルペス

☆検査・診断☆

単純ヘルペスウィルスの検査法として、単純ヘルペスウィルスに対する抗体(血液検査)、単純ヘルペスウィルスの遺伝子(PCR法など)、その他病理組織学的検査が行われることもあります。

 

☆症状☆

前駆症状

見た目では水ぶくれが分からない初期の段階であっても、ピリピリ感やチクチク感やむずむず感を感じます。

発症

皮膚の熱感や違和感、かゆみなどの症状があります。

また、小さな水ぶくれが口唇の周囲に出現します。水ぶくれは唇と皮膚の境目周辺にみられることが多く、それぞれが融合して大きくなることもあります。

回復期

痂疲化(かさぶた)患部が乾いてきます。

 

☆治療☆

抗ヘルペスウィルス薬が使用されます。抗ヘルペスウィルス薬には飲み薬、軟膏など多種類あります。

口唇ヘルペスは発症早期から治療を開始した方が、早期に症状が軽くなることが期待できます。

 

☆日常生活での注意点☆

症状が出ていない時

・バランスよい食事を心がけ、十分な睡眠を確保する

・唇やその周りにピリピリ、チクチクするような違和感や症状が出てきたらできるだけ早く受診する

 

症状が出ているとき

・かさぶたは取らないようにする

・タオルやコップは共用しないようにする

・赤ちゃんとの接触はできるだけ控え赤ちゃんのお世話をするときは手をきれいに洗い、患部に赤ちゃんが触れないようにする

・症状が出ているときも石けんや洗顔剤を泡立て優しく洗い、清潔に保つようにする

ヘルペス


皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。
「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮フ科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-3938-1166まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜日:10:00~13:00
※日曜日:09:30~12:30

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後14:45~)
※祝日休診  ※電話予約不可


ニキビ一緒に治そうProject